ガスと電気の比較とメリット

「オール電化って憧れるけれど、実際にどうなの?」
そんな疑問を検証してみました。まずは、比較のポイントからご案内します。

ガスと電気を比較する際に大切なこと。

料金だけじゃない、
家族のことを考えた「選択する際のポイント」

ガスと電気を比較するときに、パンフレット等に書かれている料金だけで検討していませんか。
ご家族の構成に寄って、検討項目やその切り口は実に様々。
例えば、コンロに関しては、安全性、使いやすさ、環境性、経済性そして最近注目されている「子どもを育てる上での食育の観点」など、比較のポイントはたくさんあります。

「最新型の機種」で性能や機能を比較しましょう!

ここ数年で、機器の性能は革新的に発展をしています。
注目すべきは、使いやすさだけでなく各機種の「省エネ性能」。最新型の省エネガス給湯システム「エコジョーズ」は、従来機種に比べてガスの使用量が約13%削減されました。これから購入を検討する場合には、ガスと電気、両方を最新型の機種で比較することが大切です。

エコジョーズの情報はこちら

家族の快適を実現する、バランスのとれたエネルギーのミックス利用

太陽光発電とガスの組み合わせがおすすめ!

ここ数年で、機器の性能は革新的に発展をしています。
注目すべきは、使いやすさだけでなく各機種の「省エネ性能」。最新型の省エネガス給湯システム「エコジョーズ」は、従来機種に比べてガスの使用量が約13%削減されました。これから購入を検討する場合には、ガスと電気、両方を最新型の機種で比較することが大切です。

エコジョーズの情報はこちら

ガス併用型住宅とオール電化住宅の比較

検討時の参考に、いくつかの項目でガスと電気の比較表をご用意しました。

給湯器の場合

 ガス併用
省エネガス給湯システムのエコジョーズ
オール電化
CO2ヒートポンプ給湯機エコキュート
経済性設置時のコストがエコキュートに比べお得。
エコキュートに比べ、ランニングコストは高い印象。
設置時のコストがエコジョーズに比べて高額。
エコジョーズに比べて、ランニングコストがお得な印象。
環境性CO2の排出が少ない。
必要な分だけお湯を作るので無駄がない。
電力会社で電気を作る際に石油を多く消費していることから、環境負荷が高いとされる。深夜に一日分のお湯を作るため、放熱ロスがある。
快適性必要ときにお湯を必要なだけ沸かして使う「瞬間式」なので、湯切れの心配なし。深夜電力を使用してお湯を沸かし、貯湯槽に貯めておいたお湯を使用するため、使いすぎると湯切れする。
安全性貯蔵タンクがないのでメンテナンスの必要がなく、清潔で安心なお湯が手に入る。タンクに水アカが溜まることがあるので、原則的に沸騰させないと飲用できない。
設置性・利便性機器本体がコンパクトで設置性に優れている。大きな貯湯槽が必要になり、本体もガス給湯器に比べて大きい。
ライフスタイルの
変化に対応
家族構成に合わせて、必要なときに必要なだけお湯をつくる。家族人数やお湯の量によってタンクの大きさを決める必要がある。

コンロの場合

 ガスコンロIHヒーター
安全性炎を直接目で見て安全確認ができる。
多少離れた場所からも炎を確認できる。
炎から周りのものに火が移る可能性がある。
炎はないが光リングで確認できる。
多少離れてしまうと光は確認できない。
炎が出ないので周りのものに火が移る可能性はない。(ただし火事の原因がないというわけではない)
電磁波発生しない発生する
やけど調理後の五徳は高温だが、鉄製なので温度が下がりやすい。調理後は高温注意表示ランプが点灯しているが、専用鍋以外を利用した場合、ランプが消灯しても、トッププレートは60℃から80℃と高温。
安全装置立ち消え安全装置や、コンロ消し忘れタイマーなどがある。異常な過熱を検知すると、制御装置が働く。調理時間のタイマー機能がある。

床暖房の場合

 ガス併用
ガス温水式床暖房
オール電化
電気式床暖房(ヒーター式)
オール電化
電気式床暖房(蓄熱式)
利便性仕上げ材の種類が豊富仕上げ材の種類が豊富種類に限りがある
快適性立ち上がりが早い(約30分)立ち上がり(約100分)24時間運転
温まり方均一に温まる商品によって異なる温まらない部分がある
安全性温度差により放熱量が変わる。
低温やけどの心配がない。
温度差に関わらず一定放熱温度差により放熱量が変わる。
低温やけどの心配がない。

衣類乾燥機の場合

 ガス併用オール電化
利便性5kgの衣料約50分5kgの衣料約160分
快適性排湿筒で屋外へ派出湿気は室内に残ったまま
経済性5kgの衣料の乾燥で約64円5kgの衣料の乾燥で約76円

ガス併用型住宅とオール電化住宅の比較

検討時の参考に、いくつかの項目でガスと電気の比較表をご用意しました。

給湯器の場合

経済性
ガス併用 省エネガス給湯システムのエコジョーズ
設置時のコストがエコキュートに比べお得。エコキュートに比べ、ランニングコストは高い印象。
オール電化 CO2ヒートポンプ給湯機エコキュート
設置時のコストがエコジョーズに比べて高額。エコジョーズに比べて、ランニングコストがお得な印象。
環境性
ガス併用 省エネガス給湯システムのエコジョーズ
CO2の排出が少ない。必要な分だけお湯を作るので無駄がない。
オール電化 CO2ヒートポンプ給湯機エコキュート
電力会社で電気を作る際に石油を多く消費していることから、環境負荷が高いとされる。深夜に一日分のお湯を作るため、放熱ロスがある。
快適性
ガス併用 省エネガス給湯システムのエコジョーズ
必要ときにお湯を必要なだけ沸かして使う「瞬間式」なので、湯切れの心配なし。
オール電化 CO2ヒートポンプ給湯機エコキュート
深夜電力を使用してお湯を沸かし、貯湯槽に貯めておいたお湯を使用するため、使いすぎると湯切れする。
安全性
ガス併用 省エネガス給湯システムのエコジョーズ
貯蔵タンクがないのでメンテナンスの必要がなく、清潔で安心なお湯が手に入る。
オール電化 CO2ヒートポンプ給湯機エコキュート
タンクに水アカが溜まることがあるので、原則的に沸騰させないと飲用できない。
設置性・利便性
ガス併用 省エネガス給湯システムのエコジョーズ
機器本体がコンパクトで設置性に優れている。
オール電化 CO2ヒートポンプ給湯機エコキュート
大きな貯湯槽が必要になり、本体もガス給湯器に比べて大きい。
ライフスタイルの変化に対応
ガス併用 省エネガス給湯システムのエコジョーズ
家族構成に合わせて、必要なときに必要なだけお湯をつくる。
オール電化 CO2ヒートポンプ給湯機エコキュート
家族人数やお湯の量によってタンクの大きさを決める必要がある。

コンロの場合

安全性
ガスコンロ
炎を直接目で見て安全確認ができる。多少離れた場所からも炎を確認できる。炎から周りのものに火が移る可能性がある。
IHヒーター
炎はないが光リングで確認できる。多少離れてしまうと光は確認できない。炎が出ないので周りのものに火が移る可能性はない。(ただし火事の原因がないというわけではない)
電磁波
ガスコンロ
発生しない
IHヒーター
発生する
やけど
ガスコンロ
調理後の五徳は高温だが、鉄製なので温度が下がりやすい。
IHヒーター
調理後は高温注意表示ランプが点灯しているが、専用鍋以外を利用した場合、ランプが消灯しても、トッププレートは60℃から80℃と高温。
安全装置
ガスコンロ
立ち消え安全装置や、コンロ消し忘れタイマーなどがある。
IHヒーター
異常な過熱を検知すると、制御装置が働く。調理時間のタイマー機能がある。

床暖房の場合

利便性
ガス併用ガス温水式床暖房
仕上げ材の種類が豊富
オール電化電気式床暖房(ヒーター式)
仕上げ材の種類が豊富
オール電化電気式床暖房(蓄熱式)
種類に限りがある
快適性
ガス併用ガス温水式床暖房
立ち上がりが早い(約30分)
オール電化電気式床暖房(ヒーター式)
立ち上がり(約100分)
オール電化電気式床暖房(蓄熱式)
24時間運転
温まり方
ガス併用ガス温水式床暖房
均一に温まる
オール電化電気式床暖房(ヒーター式)
商品によって異なる
オール電化電気式床暖房(蓄熱式)
温まらない部分がある
安全性
ガス併用ガス温水式床暖房
温度差により放熱量が変わる。低温やけどの心配がない。
オール電化電気式床暖房(ヒーター式)
温度差に関わらず一定放熱
オール電化電気式床暖房(蓄熱式)
温度差により放熱量が変わる。低温やけどの心配がない。

衣類乾燥機の場合

利便性
ガス併用
5kgの衣料約50分
オール電化
5kgの衣料約160分
快適性
ガス併用
排湿筒で屋外へ派出
オール電化
湿気は室内に残ったまま
経済性
ガス併用
5kgの衣料の乾燥で約64円
オール電化
5kgの衣料の乾燥で約76円

おすすめピックアップ商品