災害時でも大丈夫 災害に強いエネルギー

東日本大震災でもいち早く炎を届けられた、復旧の早いLPガス。
都市ガスエリアでも災害拠点となる施設のLPガス導入が進んでいます。

地震大国の日本では、やはり災害時のライフラインが心配。 東日本大震災以降、供給体制が整備されていて、復旧の早いプロパンガスが、改めて注目を集めています。 また、地域のガス販売店を中心として保安体制がしっかりとしていることも安心のポイント。ガス供給設備からご家庭の ガス器具点検・調査、万が一のガス漏れや火災時にも迅速に、対応することができるのも大きな特長のひとつ。プロパン ガスは、国家と民間の備蓄もあり、エネルギーの安定供給を支えるなど、地域全体の安全を守っています。

タップで拡大

LP ガスは、災害時の復旧がどうして早いの?

「持ち運びが容易」、「各家ごとの供給」だから復旧が早いんです。

LP ガスは、各家庭への個別供給であることに加え、液化された状態で容器に入っていて運搬が簡単であることから、災害時の復旧が早いと言われています。個別供給だからこそ、ピンポイントで迅速に調査・点検・補修を行うことができ、相対的に早く復旧させることができます。

また、緊急時のエネルギー源として、避難所や仮設住宅等にも迅速に設置することができることから、煮炊きやお風呂・シャワーなど、ほとんどの施設がLP ガスで賄われました。

東日本大震災の後、都市ガスエリア内にある学校や公民館、病院など、災害が発生したときに避難所や救急拠点となる施設に、「災害に強いLPガス」を導入していこうと、国が主導ですすめています。

賢くLP ガスを導入できる補助金制度はこちら


被災3県における各インフラの供給不能戸数の推移(推計を含む)

東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県、宮城県、福島県では、津波で建物が損壊又は流されてしまったもの等を除いて、 地震発生後約3 週間程度で大方の復旧が完了し、都市ガス及び電力よりも早い時期に全面復旧を果たしています。

タップで拡大


※参考元:日本LPガス協会ホームページ(http://www.j-lpgas.gr.jp/feature/saigai.html)

各家庭に2 本設置。いざという時の「軒下在庫」

各家庭には、通常2 本のガスボンベが置いてあります。
災害時にも1 本で約1 か月のガスが使用できることを想定しているため、いざという時の備えとして役立ちます。

おすすめピックアップ商品